アプリ開発イメージ

スマホユーザー

さまざまなアプリ

現代社会において、ほとんどの人がインターネットユーザーと言えます。
特に最近では、小さな子どもにも防犯対策としてスマートフォンを持たせる親が増えていますから、そういった層も含めるとかなりの数がインターネットを利用している可能性があります。
さらには、簡単ケータイの登場により、高齢者も簡単にスマートフォンを所有できる時代になりました。
こういったことにより、現代社会のほとんどの人が、インターネットと密接な関係にあるのです。

こういう背景から、ユーザーのインターネット利用が、パソコンからスマートフォンにシフトチェンジしつつあると言われています。
しかし、だからと言ってスマートフォン対応サイトを用意しただけではいけません。
なぜなら、ユーザーの利用実態にマッチした情報提供ができていないかもしれないからです。
そこで、スマートフォンアプリ開発という話が出てきます。

スマートフォンを所有している人も、そうでない人も、「スマートフォンと言えばアプリ」というイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。
実際に、ある調査によるとスマートフォンユーザーの中には、ウェブサイトよりも、アプリのほうが利用頻度が高いという結果が出ました。
利用頻度・回数ともに、なんとウェブサイトの約2倍という結果になったのです。
また、スマートフォンでウェブサイトを利用すると言っても、ほとんどが「検索」を目的としたものです。

スマートフォンアプリ開発をして、ユーザーにアプリを提供するということは、ユーザーの利用実態にマッチした情報提供が可能になるということなのです。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all スマートフォンアプリ開発は操作性がカギ reserved