アプリ開発イメージ

携帯できる

アプリを設計する

企業の多くは、新しい情報を発進する際、メディアなどを用いて発進することがほとんどです。
例えば、CMや広告を用いることがあります。
現代社会においては、ほとんどの家にテレビがありますので、CMが多くの人の目に触れることは言うまでもありません。
また、広告に関しても、掲載する場所が好条件であればあるほどその効果を発揮します。
こうしたCMや広告というのは、何度も人の目に触れさせることで、商品・サービスの認知度を向上させることができます。
そして、その認知度の高さは、その商品・サービスの購入度・利用度に直結します。

これに関しては、ウェブサイトでも同じことが言えます。
つまり、購入・利用してもらうために、何らかの方法で認知度を上げ、商品・サービスもしくは企業名を記憶に残す必要があるのです。

そのユーザーの記憶に残す方法として、スマートフォンアプリ開発が効果的なのです。
ウェブサイトだと、どうしても能動的にアクセスしてもらわない限り、認知度を得ることが難しくなります。
しかし、アプリだとホーム画面にアイコンがあるので、この点が認知度向上に繋がるのです。

ユーザーは、無意識のうちにホーム画面にあるアイコンの名前やアイコンデザインを目にします。
そうすることによって、ウェブサイトよりも目に入る機会を増やすことができるのです。
ただ、よく使うアプリでないと毎日アイコンを見ることがないかもしれません。
それでも、プッシュ通知などを有効活用することで、ユーザーの気を引きつけ再訪を促進することができるのではないでしょうか。
そういった意味でも、スマートフォンアプリ開発は、高い効果を発揮すると言えます。


Created by BlackTie.co - Attribution License 3.0 - 2013

Copylight all スマートフォンアプリ開発は操作性がカギ reserved